紙のコト 001

6月25日は大切な日でした。

そこで配られた席次表。

和紙のような質感で、指紋にひっかかる感じがなんとも人懐っこいんです。

インクが滲んだダリアの表情もしっとりと穏やかで、

和装がよく似合う友人にぴったりのペーパーアイテムだな〜としみじみ。

指先から、おもてなしの心が伝わってきました。

されど紙。

紙一つで、これだけ思いを馳せられるなんて。

和歌をこだわりの紙にしたため、

さらにお香を焚いて紙に香りを移して、

自分の人となりや思いを伝えた。

と高校時代、古典の先生が

キュンキュンしながら話してくれたことを思い出しました。

まだまだ紙文化の日本。

原点に戻って、指先の感覚を磨いていきたいなと思います。


​Recent Posts
​Category
​Archive

© 2016 morioka no koto pukari